• ホーム > 住宅ローンでお困りの方へ

選ばれる3つの理由

売却する時の不動産会社の選び方

イエステーション大分店の想い

不動産売却の流れ

Q&A

住宅ローン1でお困りの方へ

こんな物件探しています

お客様の声

  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

対応エリア

大分県大分市内全域・大分県別府市内全域

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
大分不動産カフェ

住宅ローンでお困りの方へ

住宅ローンでお困りの方へ

住宅ローン、払えないとどうなる

住宅ローンを滞納すると金融機関から催促状が届き、滞納が3~6ヶ月続くと最終通知が届きます。通知に従わなかった場合にはローンの一括返済を求められ、返済ができない場合には裁判所に申し立てられて、住宅が競売にかけられてしまいます。
競売が成立すると売却代金はローンの支払いに当てられ、落札者の求めに応じて住宅から立ち退く必要があります。

住宅ローンの催促をそのままにしておくと、このようなことになってしまいます。しかし、競売ではローンの回収金額が低くなりやすいため、金融機関にとってもあまり好ましくありません。
今は一時的にローンの返済が苦しいけど、将来的には状況が改善する、というような場合では、金融機関から支払い期間の延期や利息の軽減措置を受けられる場合もあります。
住宅ローンの返済に困ったら、まずは金融機関に相談しましょう。

任意売却とは

住宅が競売にかけられてしまうことを避ける方法のひとつに任意売却があります。
住宅ローンの返済のために住宅を売却しようとしても、売却後もローンが残ってしまう場合には、通常は売却することができません。
しかし競売にかけられてしまうと、一般的に売却価格が低くなってしまうため、ローンが多く残ってしまいます。
そこで、一般的な住宅と同様に売却ができるように金融機関と交渉してローンを整理し、競売の前にご自身の意思で住宅を売却する方法を、任意売却といいます。

任意売却のメリットは

強制的に進められる競売と比べると、任意売却には多くのメリットがあります。

競売任意売却
売却価格相場の50〜70%程度相場に近い金額
プライバシー 新聞・インターネットで公開業者による近所への調査等 厳守される
引っ越し費用 手元に残らない 交渉により手元に残せる
引っ越し時期 落札者の都合で立ち退きを迫られる 事前に協議して決定
売却後の返済計画 自分で計画 仲介者によるサポートあり
任意売却のデメリットは?
競売と比べると任意売却のデメリットはほとんどありませんが、あえて挙げるとすれば、売却にかかる手間です。
競売は裁判所が主導となって強制的に行われるため、何もしなくても売却のための準備や手続きが進められています。
任意売却では
  • 金融機関との交渉
  • 住宅の販売活動
  • 契約書の作成・各種申請と手続き
などが必要となります。
{ただし実際にはこのような準備や手続きは仲介となる不動産会社が行うため、相談者様に大きな負担がかかることはありません。(会社の宣伝を入れない場合)}

任意売却はお任せ下さい

では、相談者様だけでは難しい交渉・販売や手続きをすべて代行いたします。
また、ご依頼の費用は売買代金から精算されるため、売却までに相談者様へ費用をご負担していただくことはありません。

お問い合わせはこちら

Copyright(C)2013 リライフ不動産株式会社 All Rights Reserved.